ミティリニ(英語表記)Mitilíni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代ギリシア語読みではミュチレネ Mytilēnē。ギリシア,エーゲ海東部,レズボス島の中心都市。同島南東岸に位置する港湾都市で,オリーブ油,柑橘類,穀類などを積出す。古代には住民の多くはアイオリス人。詩人サッフォーアルカイオスがここに住んだ。前5世紀初頭,イオニア反乱に参加。その後デロス同盟に参加したが,2度の脱退 (前 428,前 412) によってアテネの攻撃を受け,艦隊を失い,市はほとんど破壊された。しかし前4世紀にはアテネの忠実な同盟市となった。次いでアレクサンドロス3世 (大王) の支配下に入り,その死後,順次アンチゴノス1世,リュシマコスプトレマイオスの支配を受けた。巧みな外交によってローマとは友好的な関係を保ったが,前 80年重税を不満として反乱を起して鎮圧され,その後ポンペイウス (大ポンペイウス) により解放された。 1355~1462年ジェノバ人に支配され,その後 1912年までオスマン帝国領。 58年町を見おろす丘陵斜面で古代ギリシアの劇場が発掘された。人口2万 5440 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android