コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトゥナ像 ミトゥナぞうmithuna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミトゥナ像
ミトゥナぞう
mithuna

男女一組の性的結合を表現したインドのヒンドゥー教の彫刻や絵画。ミトゥナは本来,男女一対,のち男女一体を意味し,具体的には男女の性的結合の姿で表わされた。ヒンドゥー教ではシバ神とその神妃パールバティーが一体であることを示すため,シバ神に神妃が寄添う姿で表わされ,その形をミトゥナと称した。ヒンドゥー教遺跡の随所にみられるが,最も代表的なものはカジュラーホのミトゥナ像 (10~11世紀頃) とコナーラクのミトゥナ像 (13世紀頃) で,種々の姿態による男女合歓が大胆かつ露骨に表現されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミトゥナ像の関連キーワードカンダーリヤマハーデーバ寺院カンダーリヤ・マハーデーバ寺ナーガールジュナコンダ遺跡コナーラクの太陽神寺院ビシュワナート寺院ヒンドゥー教美術アジャンタ石窟バーダーミ石窟スーリヤ寺バーダーミ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android