コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニトマト

デジタル大辞泉の解説

ミニ‐トマト

《〈和〉mini+tomato》トマトの小形品種の総称。実は直径2、3センチほどで、赤または黄色に熟し、サラダなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ミニトマト

mini+tomato〕
トマトの栽培品種。果実は直径2~3センチメートルの球形で赤く熟す。皮はやや硬いが甘味が多く、料理の飾りやデザートにする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ミニトマトの関連キーワード和歌山県日高郡日高町鳥取県東伯郡琴浦町福岡県田川郡糸田町島根県鹿足郡吉賀町香川県東かがわ市東かがわ(市)チェリートマト能登ミニトマト岩手県二戸市横芝光(町)大分県日田市国東(市)新ひだか町玉穂[町]プチトマト千葉県旭市糸田(町)栽培品種デザート八日市場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミニトマトの関連情報