コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニヤ・コンカ[山](英語表記)Minya Gongga

世界大百科事典 第2版の解説

ミニヤ・コンカ[山]【Minya Gongga】

中国,四川省中西部,横断山脈東端にある大雪山脈の主峰。チベット語で〈コン(貢)〉は氷雪,〈カ(嘎)〉は白い色を意味する。山体には放射状に氷河が発達,西南地区の〈固体の大貯水池〉とされる。標高7556mで,周辺には6000~7000m級の高峰が群立,四川五大名山の一つで現地の人々に〈山々の王〉とよばれる。〈一山に四季あり〉といわれ,植生の垂直分布が非常にはっきりしている。【駒井 正一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミニヤ・コンカ[山]の言及

【四川[省]】より

… 大雪山脈は氷河の発達した折多山や白鶴山など20余の高峰群からなる。主峰はコンカ(貢嘎)山すなわちミニヤ・コンカで,標高7556m,横断山脈中の最高峰であるとともに四川省内の最高峰でもある。北部の岷山は崑崙山脈の東支脈にあたり,岷江と嘉陵江の発源地で,北は黄土高原に連なり,南は湿地帯のひろがる松潘(しようはん)草地となる。…

※「ミニヤ・コンカ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android