コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミガイ Haliotis asinina; donkey's ear abalone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミガイ
Haliotis asinina; donkey's ear abalone

軟体動物門腹足綱ミミガイ科。長 12cm,殻幅 5.5cm。殻はやや長い耳形で,殻頂は後端近くに位置し,小さい螺層があり,体層は殻の大部分を占めるが,ふくらみは弱い。外側縁に沿って小さい水孔が5~7個開孔している。殻表は平滑なこともあるが,弱い放射螺肋があり,褐色の地に黒,緑,黄色などの斑がある。殻口は広く大きく,内面は強い真珠光沢がある。ふたを欠く。軟体は殻より大きく,殻はその上に乗っている。紀伊半島以南,インド洋,太平洋に広く分布し,潮間帯岩礁地の転石下にすむ。食用となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミガイ
みみがい / 耳貝
ass's ear shell
[学]Haliotis asinina

軟体動物門腹足綱ミミガイ科の巻き貝。四国以南、太平洋およびインド洋の干潮線下の岩礁やサンゴ礁にすむ。殻長12センチメートル、殻幅5.5センチメートルに達し、耳形。殻頂は後端にあり、螺塔(らとう)は小さく、体層が殻の大部分を占め、膨らみは弱い。殻表は光沢があり、褐色の地に黒、緑、黄色などを基調とした放射状斑紋(はんもん)があって、水孔はほとんど管状にならず5~7個開いている。内面は真珠層がよく発達し、虹(にじ)のような光沢がある。軟体は大きくて殻内に収まらない。岩礁をはうだけでなく、滑るように移動する。肉は食用にされる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミミガイの関連キーワードトコブシ(常節)アワビ(鮑)フクトコブシオカミミガイマダカアワビエゾアワビクロアワビロコガイトコブシ鮑・鰒陸耳貝福床臥アワビ福床伏真高鮑真穴子牝貝鮑疣穴子眼高鮑石決明

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android