真珠層(読み)しんじゅそう(英語表記)mother-of-pearl layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真珠層
しんじゅそう
mother-of-pearl layer

軟体動物の二枚貝類 (斧足類) ,腹足類には貝殻に3層構造があり,そのうちの最内部の外套膜と接する部分をいう。外套膜から分泌された炭酸カルシウムを主成分とした微粒子結晶の薄い膜状構造から成り,真珠光沢をもつものが多い。同じ分泌物が異物を囲んで球状になったものが真珠である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんじゅそう【真珠層】

貝殻の内面にある真珠光沢をなす層。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android