コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミャゼーディ碑文 ミャゼーディひぶん

1件 の用語解説(ミャゼーディ碑文の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミャゼーディひぶん【ミャゼーディ碑文】

現存する最古のビルマ語碑文。ミャンマー中部,パガン遺跡の南,ミンカバー村のミャゼーディ・パゴダMyazedi Pagodaのかたわらで発見されたためその名があるが,同パゴダはクービャウチー寺院(1113年建)の境内にある。石碑は二つあり,同文で,一つはパガン博物館に,もう一つはパゴダの境内にある。ともに2m足らずの4面体の石柱で,各面にパーリ語,モン語,ビルマ語と1911年オットー・ブラグデンによって解読されるまでは不明であったピュー語の4言語で記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミャゼーディ碑文の関連キーワードオルホン碑文現存ビルマ語ミャンマーチン緬甸ビルマ猫ミャンマーとビルマミャンマーの少数民族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone