ミャゼーディ碑文(読み)ミャゼーディひぶん

世界大百科事典 第2版の解説

ミャゼーディひぶん【ミャゼーディ碑文】

現存する最古のビルマ語碑文。ミャンマー中部,パガン遺跡の南,ミンカバー村のミャゼーディ・パゴダMyazedi Pagodaのかたわらで発見されたためその名があるが,同パゴダはクービャウチー寺院(1113年建)の境内にある。石碑は二つあり,同文で,一つはパガン博物館に,もう一つはパゴダの境内にある。ともに2m足らずの4面体の石柱で,各面にパーリ語,モン語,ビルマ語と1911年オットー・ブラグデンによって解読されるまでは不明であったピュー語の4言語で記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android