コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤコアオイ(都葵) ミヤコアオイAsarum asperum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤコアオイ(都葵)
ミヤコアオイ
Asarum asperum

ウマノスズクサ科の常緑多年草。近畿,中国地方,四国北部の山地や丘陵地の広葉樹林床に生育する。葉は長さ5~8cmの卵円形または卵状楕円形で基部は心形,両側がやや張出したほこ形になることもある。表面は光沢のない緑色で,しばしば雲紋状の斑をもつ。3月末から4月頃,落ち葉に埋るような根ぎわに花をつける。花は紫褐色,筒状で,上部が強くくびれて入口が狭くなり,内部には6本の円柱状の花柱が直立する。その先端は柱頭で終るが,やや背部に沿下する。花柱のまわりには 12本のおしべが配列する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android