ミヤマオダマキ(深山苧環)(読み)ミヤマオダマキ(英語表記)Aquilegia akitensis; col-umbine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマオダマキ(深山苧環)
ミヤマオダマキ
Aquilegia akitensis; col-umbine

キンポウゲ科の多年草。本州中部以北,北海道,朝鮮北部,サハリン,南千島に分布し,高山や寒帯の岩礫地に生える。地下茎は太くじょうぶで,茎は 20cm内外ありほとんど無毛。根出葉は数枚叢生し,2回3出の掌状複葉で長い柄がある。小葉は広い楔形で2~3回浅裂し,各裂片はさらに2~3回浅く割れる。葉,茎ともに白粉を帯び,夏,株の中央から花茎を直立し,頂部に1~3個の鮮紫色の大きな美花をつける。庭園に栽培されるオダマキ A. flabellataの原種とみられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android