ミュラー(読み)みゅらー(英語表記)Friedrich Max Müller

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュラー(ドイツ出身のイギリスの言語学者、宗教学者 Friedrich Max Mller)
みゅらー
Friedrich Max Mller
(1823―1900)

ドイツ出身のイギリスの言語学者、宗教学者。ライプツィヒ大学でサンスクリット語を学び、パリのビュルヌフのもとで『ベーダ』の研究を行う。イギリスに渡り、1850~1876年の間オックスフォード大学で文学、言語学などを講じた。1870年ロンドンの王立協会で行った講演のなかで、宗教学science of religionという表現を用い、あらゆる宗教を客観的、科学的に比較研究する必要を力説した。ここからミュラーは一般に近代宗教学の始祖とみなされる。彼の宗教学は、おもに神話など歴史上の宗教思想を資料とし、比較言語学の方法を範として、宗教の起源と発達の系譜をたてることを目的とした。それは「無限なるもの」が順次に物的対象、人的事象、そして心的自己を通じて認知される過程だという。彼はまた東洋諸宗教の聖典を同僚の協力を得て英訳し、『東方聖典』Sacred Books of the East51巻を編集した。[田丸徳善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミュラーの関連情報