コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュルヌフ ビュルヌフ Burnouf, Eugène

3件 の用語解説(ビュルヌフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュルヌフ
ビュルヌフ
Burnouf, Eugène

[生]1801.8.12. パリ
[没]1852.5.28. パリ
フランスの言語学者,東洋学者。 1829年エコールノルマル・シュペリュール (高等師範学校) の言語学教授。 32年以後コレージュ・ド・フランスのサンスクリット語教授。フランス=アジア協会の創設者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビュルヌフ【Eugène Burnouf】

1801‐52
フランスの言語学者,東洋学者。パリのエコール・ノルマル・シュペリウールの言語学教授(1829),コレージュ・ド・フランスのサンスクリット語学教授(1832)を歴任。古代ペルシア語,サンスクリット,パーリ語に通じ,各分野に優れた業績を残すとともに,印欧語比較言語学の権威でもあった。古代楔形文字の解読とアベスター文献の研究,またプラーナから仏典に及ぶサンスクリット文献の研究から生まれた成果は数多い。主著は《ヤスナ注解》(1833‐45),《バーガバタ・プラーナ》の翻訳3巻(1840‐48),サンスクリット語《法華経》の翻訳(1852)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビュルヌフ
びゅるぬふ
Eugne Burnouf
(1801―1852)

フランスの近代インド学・仏教学の創始者。若くよりアジアの諸言語に通じ、32歳でコレージュ・ド・フランスのサンスクリット語教授となる。イギリスホジソン(1800―94)がネパールで採集した多数のサンスクリット語仏典写本を解明・研究して著された『インド仏教史序説』Introduction l'Histoire du Bouddhisme Indien(1845)は現在もその価値を失わない。また『法華経(ほけきょう)』のフランス語訳も発表した。さらに友人ラッセンとともに著した『パーリ語に関する試論』Essai sur le Pli(1826)はヨーロッパにおけるパーリ語学の基礎を築いた。当時ヨーロッパで偏見をもってみられていた仏教思想を厳密な文献学的方法を用いて客観的に研究・理解することに努め、西欧の近代東洋学研究確立者の1人となった。[加藤純章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビュルヌフの関連キーワードシャンポリオンジリエロンディーツドーザブルームフィールドメイエラングレスフランスの地域語ドミエビル《一般言語学とフランス言語学》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone