コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュルミドン人 ミュルミドンじんMyrmidones

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュルミドン人
ミュルミドンじん
Myrmidones

ギリシア神話で英雄アキレウスの手兵として活躍する戦士集団。ゼウスアイギナの息子で,母の名にちなみ命名されたアイギナ島(→エイナ島)の王となったアイアコスが,ヘラに迫害され疫病を送られて島の住民を全滅させられる憂き目にあったとき,アイアコスの祈りにこたえて,ゼウスが一夜の間にギリシア語でミュルメクスと呼ばれるアリを人間に変え,新しい人民をつくり出してやったのがその起こりとされる。アイアコスの息子でアキレウスの父にあたるペレウスに従ってテッサリアのフティアに移住し,そこからアキレウスに率いられてトロイ戦争に参加し,ギリシア軍中の最精鋭部隊をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android