コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミレーの家(読み)ミレーのいえ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミレーのいえ【ミレーの家】

フランスの首都パリ郊外の都市フォンテンブロー(Fontainebleau)近郊の村バルビゾン(Barbizon)にある、ミレー(Jean-François Millet、1814~1875年)が暮らした住居兼アトリエ。フォンテンブローから約8kmでバスが利用できるほか、鉄道ムラン(Melun)駅からはおよそ11km、タクシーが利用できる。19世紀、ミレーやテオドール・ルソーなどの風景画家がバルビゾンに多数集まり、この村を拠点に活動した。彼らはバルビゾン派と称された。ミレーがバルビゾンにやってきたのは1849年のことで、以後1875年に持病の偏頭痛を悪化させて死去するまで、この家で暮らし、多くの代表作を残した。アトリエには名作「晩鐘」のオリジナルのデッサンや自画像のデッサンがある。また、2階には彼が息を引き取った寝室がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android