ミーラク

百科事典マイペディアの解説

ミーラク

16世紀のペルシアの画家。ビヒザードの弟子でタブリーズ派を代表,絢爛(けんらん)とした色彩は師の画風を踏襲しているが,人間が類型化されて動きが少なく,荘重な印象を与える。ニザーミーの叙事詩《ハムサ》の写本等を描いた。
→関連項目スルタン・ムハマッド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android