コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミールザー・アーガー・ハーン・ケルマーニー Mirzā Āqā Khān Kermānī

世界大百科事典 第2版の解説

ミールザー・アーガー・ハーン・ケルマーニー【Mirzā Āqā Khān Kermānī】

1853∥54‐96
イランの啓蒙思想家。ケルマーン地方のバルドシールに地主の子として生まれる。ケルマーンで基礎的なイスラム諸学を修めた後,イラン各地を遍歴。その後イスタンブールに移り,同地発行の《アフタル》紙上でカージャール朝の専制的支配体制批判の論陣を張る一方,理性主義を唱え,反宗教活動を展開した。西欧思想に精通し,アナーキズム,社会主義の運動にも影響を受けた。カージャール朝君主ナーセロッディーン・シャー暗殺事件(1896)を機に,オスマン帝国政府により逮捕・拘禁され,その後イラン当局に引き渡されてタブリーズで刑死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミールザー・アーガー・ハーン・ケルマーニーの関連キーワード徳川家慶徳川家慶オーストンガルストショイベノックスハウスクネヒトフェノロサブロンホフ松野クララ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android