コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミールザー・アーガー・ハーン・ケルマーニー Mirzā Āqā Khān Kermānī

世界大百科事典 第2版の解説

ミールザー・アーガー・ハーン・ケルマーニー【Mirzā Āqā Khān Kermānī】

1853∥54‐96
イランの啓蒙思想家。ケルマーン地方のバルドシールに地主の子として生まれる。ケルマーンで基礎的なイスラム諸学を修めた後,イラン各地を遍歴。その後イスタンブールに移り,同地発行の《アフタル》紙上でカージャール朝の専制的支配体制批判の論陣を張る一方,理性主義を唱え,反宗教活動を展開した。西欧思想に精通し,アナーキズム,社会主義の運動にも影響を受けた。カージャール朝君主ナーセロッディーン・シャー暗殺事件(1896)を機に,オスマン帝国政府により逮捕・拘禁され,その後イラン当局に引き渡されてタブリーズで刑死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android