コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミール・サイイド・アリー ミール・サイイド・アリーMīr Sayyid `Alī

1件 の用語解説(ミール・サイイド・アリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミール・サイイド・アリー
Mīr Sayyid `Alī

16世紀イランサファビー朝タブリーズ派ミニアチュール (細密画) 画家。タブリーズ出身。 1545年頃,ムガル朝フマーユーン帝の招請によってインドにおもむき,ムガル・ミニアチュールの基礎を築いた。現存する作品はきわめて少いが,タブリーズ時代のものとして,ニザーミーの『ハムセ』の写本挿絵 (1539~43,大英博物館) がある。日常生活の描写や織物の柄などに,正確な観察と緻密な表現がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone