コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカッダシー むかっだしー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムカッダシー

マクディシー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムカッダシー
むかっだしー
al-Muqaddas
(946―?)

アラブ人地理学者。エルサレムに生まれる。マクディシーともいう。約20年間イスラム帝国領内の大部分(スペイン、シジスタンを除く)を旅行し、人文社会、自然環境を観察し、985年から3年を費やして地理書『気候を知るための最良の分類書』を著した。自らの観察と厳密に取捨した伝聞に基づいたもので、高い価値をもつ。エルサレムを中心とするパレスチナに関する記述がとくに秀でている。[佐藤圭四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のムカッダシーの言及

【マクディシー】より

…エルサレム生れのアラブの地理学者,大旅行家。ムカッダシーal‐Muqaddasīとも呼ばれる。その著《諸地域の風土を知るための最良の分類の書Aḥsan al‐Taqāsīm fī Ma‘rifat al‐Aqālīm》(985か988)は,観察の深さ,収集した資料の的確な使用,科学的編纂により最も優れたアラブ地理書の一つに数えられる。…

※「ムカッダシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android