コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムジナタケ(貉茸) ムジナタケPsathyrella velutina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムジナタケ(貉茸)
ムジナタケ
Psathyrella velutina

担子菌類マツタケ目ヒトヨタケ科。夏秋の頃,野外の林内,草地路傍などの地上にごく普通に孤生または群生する。傘は径3~6cmで,鐘形ないし丸山形,茶褐色または暗黄褐色,中央は濃色繊維状の鱗片におおわれており,周縁は内に巻いて繊維毛がついている。ひだは暗茶褐色。柄は傘と同色で高さ 3.5~7cm,基部は太くなる。不完全で白い綿毛状の鍔 (つば) がありこれは黒変する。胞子紋は黒色。有毒という記録もある。日本全土にみられ,北アメリカヨーロッパアフリカにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android