コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ Muḥammad b.‘Abd al‐Wahhāb

世界大百科事典 第2版の解説

ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ【Muḥammad b.‘Abd al‐Wahhāb】

1703‐91
アラビア半島ナジュド地方の宗教家。タミーム部族出身。ナジュド地方ウヤイナの生れ。メディナでイスラム学を修めた後,多年にわたってイラク,シリア,イラン各地を学問遍歴した。帰郷後,遅くとも1740年までには,コーランとスンナだけに基づき,神の唯一性を強調する厳格な復古主義的教説の布教を開始した。その思想はイブン・ハンバルの学説の流れを引き,イブン・タイミーヤの学説に大きく影響されているといわれる。1744年あるいはその数年後,故郷を追われたが,ナジュドのダルイーヤに拠点を置くサウード家の保護を得,以後,サウード家の勢力拡張に伴って,彼の思想はアラビア半島に広まっていった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブの言及

【ワッハーブ派】より

…スンナ派に属し,法学上ハンバル派の立場をとる。創始者はナジュド出身のムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ。彼はメディナおよびイラク,イランの各地に遊学し,一時はスーフィーとして知られたが,転向して14世紀のイブン・タイミーヤの思想的後継者となって故郷に帰った。…

※「ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブの関連キーワードワッハーブ派

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android