コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ Muḥammad b.‘Abd al‐Wahhāb

1件 の用語解説(ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ【Muḥammad b.‘Abd al‐Wahhāb】

1703‐91
アラビア半島ナジュド地方の宗教家。タミーム部族出身。ナジュド地方ウヤイナの生れ。メディナイスラム学を修めた後,多年にわたってイラクシリアイラン各地を学問遍歴した。帰郷後,遅くとも1740年までには,コーランスンナだけに基づき,神の唯一性を強調する厳格な復古主義的教説の布教を開始した。その思想はイブン・ハンバルの学説の流れを引き,イブン・タイミーヤの学説に大きく影響されているといわれる。1744年あるいはその数年後,故郷を追われたが,ナジュドダルイーヤに拠点を置くサウード家の保護を得,以後,サウード家の勢力拡張に伴って,彼の思想はアラビア半島に広まっていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブの言及

【ワッハーブ派】より

…スンナ派に属し,法学上ハンバル派の立場をとる。創始者はナジュド出身のムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ。彼はメディナおよびイラク,イランの各地に遊学し,一時はスーフィーとして知られたが,転向して14世紀のイブン・タイミーヤの思想的後継者となって故郷に帰った。…

※「ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブの関連キーワード小野寺十内竹本座近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)元禄地震近松門左衛門県内の津波予測ウェスリーウォリス元禄地震紫家七論

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone