コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムブジマイ Mbuji-Mayi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムブジマイ
Mbuji-Mayi

コンゴ民主共和国中南部の都市。カサイオリエンタル州の州都。カナンガ東南東約 150kmに位置。 1909年ダイヤモンドが発見され,ヨーロッパ人が開発,現在,世界の工業用ダイヤモンドの約8割を産する。バクワンガ鉱業会社の本社所在地。会社はベルギー資本で経営されてきたが,69年以降は国と民族資本が半分を担当。主要鉱山はディセレ,カンシ,チマンガ。鉱石は国内航空の飛行機輸送により搬出される。コーヒー栽培の中心地でもある。人口 52万 4232 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ムブジ‐マイ(Mbuji-Mayi)

コンゴ民主共和国中南部の都市。旧称バクワンガ。サンクル川沿いに位置する。ダイヤモンド鉱山があることで知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ムブジマイの関連キーワードカビンダカバロ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android