コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキクルマナマコ(紫車海鼠) ムラサキクルマナマコPolycheira rufescens

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキクルマナマコ【ムラサキクルマナマコ(紫車海鼠) Polycheira rufescens】

ナマコ綱クルマナマコ科の棘皮(きよくひ)動物。本州中部以南の各地,フィリピンオーストラリアに広く分布し,潮間帯の小石まじりの磯に群生する。体が紫色で,皮膚の下にある骨片車輪の形をしているところからこの名がある。体は円筒形でやわらかく,長さ15cmに達する。全身が濃い暗紫色から暗褐色で,体の前端にある触手がもっとも濃いが,なかには鮮赤色や白いものもある。触手は17~19本で,18本のものが多く,先端に8~16対の小枝をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android