コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンク=ペーターセン ムンク=ペーターセンMunch-Petersen, Gustaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムンク=ペーターセン
Munch-Petersen, Gustaf

[生]1912
[没]1938
デンマークの詩人。コペンハーゲン大学教授の子として生れ,彼自身も大学に学んだが,1930年に突然学業を捨ててヨーロッパを巡歴したのち,ボルンホルム島に住みつき,絵や詩を書きながら漁師として暮した。処女詩集『裸の人間』 Det nøgne menneske (1932) ,続いて『最低の国』 Det underste land (33) ,『エルサレムに向って』 Mod Jerusalem (34) を出したが,『19編の詩』 Nitten digte (37) では芸術への献身よりも社会の不正に抗する政治的行動をたたえた。スペイン内乱に際して国際義勇軍に加わって戦死。死後『詩選集』 Udvalgte digte (38) が出た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムンク=ペーターセンの関連キーワード牧野省三マキノ雅広久松静児[各個指定]工芸技術部門歴史小説バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎