コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンダの戦い ムンダのたたかいBattle of Munda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムンダの戦い
ムンダのたたかい
Battle of Munda

古代ローマの内乱期における戦闘の一つ。前 45年3月 17日,ユリウス・カエサルポンペイウス派の残党を掃討した戦い。ムンダはスペインの都市で,ウルソの北方といわれる。ポンペイウス (大ポンペイウス) の子グナエウス,セクスツスらは高地に陣取り,優勢に戦いを進めたが,白兵戦のなかで味方の動きを見誤ったポンペイウス軍が総くずれとなり,カエサルが勝利を得た。この戦いの模様は著者不明の『ヒスパニア戦史』に詳しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムンダの戦いの関連キーワードカニニウス・レビルスパテル・パトリアエ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android