コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陣取り ジントリ

デジタル大辞泉の解説

じん‐とり〔ヂン‐〕【陣取り】

子供の遊びの一。二組に分かれ、互いに相手の陣地を取り合う。「陣取り合戦」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じんとり【陣取り】

追跡と逃避による陣地の取合いの遊び。〈城取り〉〈陣入り〉〈陣屋取り〉〈とりで取り〉〈人取り〉などの別称がある。陣取り遊びとしての定型はないが,基本的概要は以下のとおり。(1)参加者を等人数の2組に分けて,組ごとに陣地(電柱,門柱,樹木など)を設定する。(2)〈始め〉の合図で双方より出陣開始。(3)途中相手方に出合ったときは,後に出陣した者に捕らえる権利がある。(4)捕らえたときは,捕虜として自分の陣地に連行する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じんとり【陣取り】

子供の遊戯の一。二組に分かれて陣地を定め、互いに相手の陣を奪い合い、また捕虜にしたりするもの。じんどり。 「 -合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陣取り
じんとり

子供の戸外遊戯の一つ。2組に分かれて相対し、柱や樹木などを陣地と定めて集まる。それぞれ敵の陣地を奪うべく争うのであるが、互いに敵方の者の身体に触れればその者を捕虜とすることができる。捕虜を多くし、敵陣を手薄にしておいて占領するか、敵を全部捕らえてしまうと勝ちとなるが、捕まって敵陣にいる者も味方の者がきてその身体に触れれば解除されて帰ることができる。また、2組に分かれ、総人員より少ない円陣を用意し、掛け声を合図にその陣地を奪い合い、円陣に走り込むことのできなかった子供の多い組を負けとする遊びもある。ほかに、陣取りというもう一つの遊びは、国取りともいわれている遊びで、地面を区分し、その中でおはじきをしながら自分の領地を広げていく遊びである。なお陣取りは、明治時代後半、日清(にっしん)・日露戦争以降に盛んになった遊びである。[丸山久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陣取りの言及

【鬼ごっこ】より

…(8)どろじゅん(けいどろ)型 鬼が巡査(警察官),子が泥棒に扮しての追跡と逃避の遊びで,一般の鬼ごっこと基本的には同じである。(9)陣取り型 〈陣取り〉の項参照。(10)かくれんぼ型 単に逃げまわるだけでなく,適当な場所を見つけ,身を隠しながら鬼の追跡をのがれる。…

※「陣取り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陣取りの関連キーワードe(イー)スポーツサッタール・ハーンナイアンティック室町時代(年表)ブラックホールIngress嘉吉の土一揆ムンダの戦い陣取り合戦イングレス地域紛争細川勝元天下取り軍陣徳政合戦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陣取りの関連情報