コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイヨー‐ルイス式 Mayo-Lewis equation

1件 の用語解説(メイヨー‐ルイス式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

メイヨー‐ルイス式【Mayo-Lewis equation】

ラジカル共重合において,共重合体組成と単量体組成とを関係づける理論式.1944年にメイヨー(F. R. Mayo)とルイス(F. M. Lewis)の二人と,アルフレイ(T. Alfrey)とゴールドフィンガー(G. Goldfinger)の二人がそれぞれ独立に発見した.いま,2種類のモノマーM1,M2があったとして,これらがラジカル共重合を起こすと考える.その成長反応は次式のようになるであろう.

M1+M1 → M1(k11

M1+M2 → M2(k12

M2+M1 → M1(k21

M2+M2 → M2(k22

ここでM1,M2 はそれぞれ末端がM1,M2であるラジカルを表している.ここで活性分子の濃度に定常状態法を適用すると次式が得られる.

これがメイヨー‐ルイス式であるが,重合度が大きくなった場合にはこのままでは適用できず,一度積分した形で用いる必要がある.アルフレイ・プライスの式*も参照

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メイヨー‐ルイス式の関連キーワード解重合環化重合共重合重合体ポリ塩化ビニリデンコーポリマー熱重合エチレン酢酸ビニル共重合体共重合ポリエチレンゲル効果(重合)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone