コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイヨー‐ルイス式 Mayo-Lewis equation

1件 の用語解説(メイヨー‐ルイス式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

メイヨー‐ルイス式【Mayo-Lewis equation】

ラジカル共重合において,共重合体組成と単量体組成とを関係づける理論式.1944年にメイヨー(F. R. Mayo)とルイス(F. M. Lewis)の二人と,アルフレイ(T. Alfrey)とゴールドフィンガー(G. Goldfinger)の二人がそれぞれ独立に発見した.いま,2種類のモノマーM1,M2があったとして,これらがラジカル共重合を起こすと考える.その成長反応は次式のようになるであろう.

M1+M1 → M1(k11

M1+M2 → M2(k12

M2+M1 → M1(k21

M2+M2 → M2(k22

ここでM1,M2 はそれぞれ末端がM1,M2であるラジカルを表している.ここで活性分子の濃度に定常状態法を適用すると次式が得られる.

これがメイヨー‐ルイス式であるが,重合度が大きくなった場合にはこのままでは適用できず,一度積分した形で用いる必要がある.アルフレイ・プライスの式*も参照

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone