メイヨー-ルイス式(読み)メイヨールイスシキ

  • Mayo-Lewis' equation

化学辞典 第2版の解説

ラジカル共重合において,共重合体組成と単量体組成を関係づける理論式.1944年にF.R. MayoとF.M. LewisおよびT. AlfreyとG. Goldfingerがそれぞれ独立に見いだした.いま,2種類の単量体 M1,M2 のラジカル共重合を考えると,その成長反応は次式からなる.

ここに,M1*,M2* は末端が M1,M2 である高分子ラジカルを表す.ここで,活性分子の濃度に定常状態法を適用すると,次式が得られる.

この式は微分式であるため,各単量体の濃度が仕込み時とあまり違わない.すなわち,重合率が高々10% 以下においてのみ適用可能であり,重合率が高い場合には,上式を積分して得られる次式によらなければならない.

ここに,[M1]0,[M2]0 はそれぞれ M1,M2 なる単量体の仕込み濃度で,また[M1],[M2]は任意の時期において残存する M1,M2 単量体の濃度である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android