メイヨー-ルイス式(読み)メイヨールイスシキ

  • Mayo-Lewis' equation

化学辞典 第2版の解説

ラジカル共重合において,共重合体組成と単量体組成を関係づける理論式.1944年にF.R. MayoとF.M. LewisおよびT. AlfreyとG. Goldfingerがそれぞれ独立に見いだした.いま,2種類の単量体 M1,M2 のラジカル共重合を考えると,その成長反応は次式からなる.

ここに,M1*,M2* は末端が M1,M2 である高分子ラジカルを表す.ここで,活性分子の濃度に定常状態法を適用すると,次式が得られる.

この式は微分式であるため,各単量体の濃度が仕込み時とあまり違わない.すなわち,重合率が高々10% 以下においてのみ適用可能であり,重合率が高い場合には,上式を積分して得られる次式によらなければならない.

ここに,[M1]0,[M2]0 はそれぞれ M1,M2 なる単量体の仕込み濃度で,また[M1],[M2]は任意の時期において残存する M1,M2 単量体の濃度である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android