コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メインフレーム メインフレーム

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メインフレーム

大規模なデータベースや膨大な計算量を処理するための大型コンピューターのこと。ホスト・コンピューター汎用コンピューター汎用機などと呼ばれることもある。以前は、計算機センターに設置され、ネットワークを通して接続する複数の端末から利用する形態をとっていた。パソコンやワークステーションが登場してからは、事務処理を中心にそれらに置き換えられていったが、現在も企業の基幹業務では主流になっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メインフレーム

記憶容量がきわめて大きく,高速な大型コンピューターの総称。汎用コンピューターとも。一部の機能に特化した専用コンピューターに対し,さまざまな目的に使用できるコンピューターを指すが,パーソナルコンピューターワークステーションの急速な発展により,逆にその用途は限られつつある。
→関連項目コンピューター

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

メインフレーム【mainframe】

企業の基幹業務などに利用される大型コンピューター。1950年代に登場し、1960年代から1980年代にかけて広く普及した。1990年代以降は安価で高性能な小型のコンピューターが普及し需要は縮小したが、大規模システムを利用する企業や官公庁を中心に利用されている。◇「大型コンピューター」「大型汎用コンピューター」「大型汎用機」「汎用大型コンピューター」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

メインフレームの関連キーワード超ロボット生命体トランスフォーマー/ビーストウォーズリターンズ超生命体トランスフォーマー/ビーストウォーズ メタルスHost Integration Server超生命体トランスフォーマー/ビーストウォーズマイクロメインフレームリンクトランスフォーマーシリーズプラットフォーム仮想化Back Office3270エミュレーターホストコンピューターエブシディック符号IT調達オープン化ファイバーチャネルミニ・コンピュータDLCプロトコルマイグレーションNSXボディ構造ラリー エリソンオンライン処理イントラネット

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android