コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メインフレーム メインフレーム

4件 の用語解説(メインフレームの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メインフレーム

大規模なデータベースや膨大な計算量を処理するための大型コンピューターのこと。ホストコンピューター汎用コンピューター、汎用機などと呼ばれることもある。以前は、計算機センターに設置され、ネットワークを通して接続する複数の端末から利用する形態をとっていた。パソコンワークステーションが登場してからは、事務処理を中心にそれらに置き換えられていったが、現在も企業の基幹業務では主流になっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メインフレーム(mainframe)

メーンフレーム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メインフレーム

記憶容量がきわめて大きく,高速な大型コンピューターの総称。汎用コンピューターとも。一部の機能に特化した専用コンピューターに対し,さまざまな目的に使用できるコンピューターを指すが,パーソナルコンピューターワークステーションの急速な発展により,逆にその用途は限られつつある。
→関連項目コンピューター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

メインフレーム【mainframe】

企業の基幹業務などに利用される大型コンピューター。1950年代に登場し、1960年代から1980年代にかけて広く普及した。1990年代以降は安価で高性能な小型のコンピューターが普及し需要は縮小したが、大規模システムを利用する企業や官公庁を中心に利用されている。◇「大型コンピューター」「大型汎用コンピューター」「大型汎用機」「汎用大型コンピューター」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メインフレームの関連キーワードインハウスデータベース関係データベースデータベースサービスリレーショナルデータベースリレーショナル型データベースコーパスデータマート分散データベースリレーショナル・データベースデータベース・ソフト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メインフレームの関連情報