コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メインフレーム メインフレーム

4件 の用語解説(メインフレームの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メインフレーム

大規模なデータベースや膨大な計算量を処理するための大型コンピューターのこと。ホストコンピューター汎用コンピューター、汎用機などと呼ばれることもある。以前は、計算機センターに設置され、ネットワークを通して接続する複数の端末から利用する形態をとっていた。パソコンワークステーションが登場してからは、事務処理を中心にそれらに置き換えられていったが、現在も企業の基幹業務では主流になっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メインフレーム

記憶容量がきわめて大きく,高速な大型コンピューターの総称。汎用コンピューターとも。一部の機能に特化した専用コンピューターに対し,さまざまな目的に使用できるコンピューターを指すが,パーソナルコンピューターワークステーションの急速な発展により,逆にその用途は限られつつある。
→関連項目コンピューター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

メインフレーム【mainframe】

企業の基幹業務などに利用される大型コンピューター。1950年代に登場し、1960年代から1980年代にかけて広く普及した。1990年代以降は安価で高性能な小型のコンピューターが普及し需要は縮小したが、大規模システムを利用する企業や官公庁を中心に利用されている。◇「大型コンピューター」「大型汎用コンピューター」「大型汎用機」「汎用大型コンピューター」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メインフレームの関連情報