コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メカニカル・オートメーション(読み)メカニカルオートメーション

百科事典マイペディアの解説

メカニカル・オートメーション

米国の自動車工業における大量連続自動生産方式に端を発した,機械加工,組立作業などの工程の自動化。エンジンの加工ラインが石油化学プラントとともにオートメーションの二大シンボルであった時代に,装置産業におけるプロセスオートメーションと区別するのに一般的に用いられた概念。単能工作機械の進歩,次いでトランスファーマシンの出現などにより,労働力節減,加工精度・歩留りの向上,生産管理の総合的推進が実現,生産性を著しく向上させた。→オートメーション

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のメカニカル・オートメーションの言及

【オートメーション】より

…後者のためにはコンベヤやポンプ類の搬送機器のみならず,物の取付け,とりはずしなどを自動的に行うマニピュレーターなどの技術の発展が必要であり,その延長上にロボットなどもある。
[プロセス・オートメーションとメカニカル・オートメーション]
 加工される対象が流体や粉体であることの多い化学工業などの装置産業と,自動車に代表される組立機械産業では,工程の連続化に必要な手段も,制御の方式もかなり対照的に異なってくるので,前者をプロセス・オートメーション,後者をメカニカル・オートメーションと呼んで区別することが初期には一般的であった。しかし,この区別は石油化学プラントとエンジン加工ラインがオートメーションの二大シンボルであった時代の産物であり,コンピューターと電子回路を軸にした多様なシステムが,サービスも含めたさまざまな分野に浸透している現在では,あまり重要なものではなくなりつつある。…

【工程管理】より

…また生産システムを有効に利用して顧客からのオーダーを経済的に処理していくための計画schedulingの問題があり,オーダーを進(しんちよく)していくための統制controlの問題がある。
[オートメーション]
 1940年代後半に端を発したオートメーションへの動きは,装置工業においてはプロセスオートメーションprocess automationを,機械工業においてはメカニカルオートメーションmechanical automationを実現してきた。後者においては単一工程ないし数工程の機械化・自動化(数値制御)やマシニングセンターmachining centerから全工程の自動化・無人化へと進展している。…

※「メカニカル・オートメーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android