コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メクレンブルクフォアポンメルン州 メクレンブルクフォアポンメルンMecklenburg-Vorpommern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メクレンブルクフォアポンメルン〔州〕
メクレンブルクフォアポンメルン
Mecklenburg-Vorpommern

ドイツ北東部の州。州都シュウェリン。バルト海沿岸を占め,東はポーランドと接する。 1348年に成立したメクレンブルク公国の領域であり,1934年にはメクレンブルク州を形成した。第2次世界大戦後,オーデル川右岸のポンメルン (ポーランド語ではポモージュ,英語ではポメラニア) はポーランド領となった。 52年東ドイツ領のロストク,シュウェリン,ノイブランデンブルクの3県に分割されたが,90年東西ドイツ統合に伴い,メクレンブルクフォア (前) ポンメルン州として再構成された。ドイツで最も人口希薄な地方。おもな都市はシュウェリンのほか,海港都市ウィスマールとロストク。ワルノー川が主要な川であるが,南西部はエルベ川流域に属する。ライムギ,コムギ,サトウダイコン,ジャガイモなどの栽培,ヒツジ,ウシ,ウマの飼育など農牧業を主とするが,土地はやせており,マツ林や湖沼,砂丘地が多い。面積 2万3185km2。人口 165万1216(2010推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メクレンブルクフォアポンメルン州の関連キーワードシュレースウィヒホルシュタイン州民主社会党[ドイツ]ザクセンアンハルト州ノイシュトレーリッツブランデンブルク州ニーダーザクセン州シュヴェリーン城グライフスワルトリューゲン島ギュストロー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android