コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メコン総合開発(読み)メコンそうごうかいはつ

百科事典マイペディアの解説

メコン総合開発【メコンそうごうかいはつ】

インドシナ半島を流れるメコン川の下流一帯の総合開発計画。多目的ダム,灌漑(かんがい),水利施設,航路の整備を計画。発端は,1957年のメコン委員会(タイ,ベトナム,ラオス,カンボジア。本部バンコク)。水利権をめぐりタイとベトナムが対立しいったん中断したが,1990年代からアジア開発銀行も流域開発に積極的となり,1994年に中国とミャンマーをオブザーバーとして〈新メコン委員会〉を設置し,再スタート。1996年には11の国と地域による〈メコン川流域開発協力会議〉も発足し,1997年からのアジア経済危機をへて,2002年に流域6ヵ国首脳による〈大メコン流域圏(GMS)会議〉が開かれ,南北・東西の交通網プロジェクトなどの経済協力計画の促進を確認。東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係を深める中国が積極的で,日本も資金援助をしており,2005年の第2回首脳会議では環境問題や域内の国境貿易の通関簡素化も協議。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android