コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メシャ碑文 メシャひぶんStele of Mesha; Moabite stone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メシャ碑文
メシャひぶん
Stele of Mesha; Moabite stone

モアブ石とも呼ばれる。 1868年 C.クレルモン=ガノーによってモアブのディバン (現ヨルダン南西部) で発見された碑石。大英博物館蔵。 35行の碑文がモアブ語の古書体で刻まれており,その内容は,前9世紀頃モアブの王メシャがイスラエルのアハブ王の死後ヨラム王と戦って勝ち,独立を達成したことを記念したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android