コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田 つた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津田
つた

広島県南西部,廿日市市佐伯の中心集落。旧町名。 1955年近隣4村と合体して佐伯町となる。山口と広島の県境をなす小瀬川中流域の小盆地にあり,古くは廿日市-津和野を結ぶ街道の宿駅として発展。近くに岩倉温泉がある。

津田
つだ

香川県東部,大川平野の中部にあり,津田湾を囲む地域。旧町名。 1898年町制。 1956年鶴羽村と合体。 2002年4月大川町,志度町,寒川町,長尾町と合併し,さぬき市となる。北部の志度と接する孤立した山地には,砕石採取場がある。中心集落の津田は,かつてはサケ,マスなど遠洋漁業の基地であったが,養殖漁業中心に転換した。ボタン,製紙,手袋製造,ゴムなどの工場がある。周辺部では,米,野菜,果樹などを栽培,畜産も行なわれる。県立琴林公園 (→津田の松原 ) ,海水浴場など海岸に観光保養施設がある。琴林公園付近は瀬戸内海国立公園に属する。 JR高徳線と国道 11号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

津田【つだ】

阿波国名東(みょうどう)郡にあり,現徳島県徳島市の東部,新町川と園瀬川などが合流して紀伊水道に入る河口部にあたる。中世には島で津田島とよばれ,1204年に大江泰兼の寄進により立券された,大和春日社領富田荘の一部を構成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つだ【津田】

阿波国名東郡の鮎喰(あぐい)川の分流新町川と園瀬川の合流点にあり(現,徳島市東南部),別宮口,粟津口,長原口とともに四川口と称されて藩政期に発達した港町。大坂や堺と結び,徳島城下外港として藩の分一所(ぶいちしよ)が置かれ,吉野川の別宮口とともに阿波藍,塩などの積出しにあたった。藩政末期には廻船業者40軒を数え,また沿岸廻送業の繫船地としても適し,日和待(ひよりまち)のつれづれを慰めるための浄瑠璃が大盛行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つだ【津田】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

津田 (ツタ)

学名:Parthenocissus tricuspidata
植物。ブドウ科の落葉つる性植物,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の津田の言及

【佐伯[町]】より

…西は山口県に接し,中国山地脊梁部の鬼ヶ城山,羅漢山,大峰山などに囲まれ,瀬戸内海に注ぐ小瀬(おぜ)川の上流域を占める。中心集落の津田は,近世,山陽道の廿日市宿から石見(いわみ)へ向かう石見津和野路の宿駅として栄えた。町域の大部分が山林で,杉,松,ヒノキなどの良材を産し,木工場もある。…

※「津田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津田の関連キーワードSeventh Anniversary セブンスアニバーサリートビウオのぼうやはびょうきですセーターになりたかった毛糸玉ちいさなちいさな駅長さんの話津田宗及(つだそうぎゅう)北海道樺戸郡新十津川町総進香川県さぬき市津田町津田大阪府枚方市津田山手東京都小平市津田町たのしい幼稚園津田 駒次郎ひたちなか市マッピーくん秋田十七郎津田塾大学津田駒次郎秋田義一津田孟昭津田助直津田監物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津田の関連情報