メソ低気圧(読み)メソていきあつ(英語表記)meso low

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「メソ低気圧」の解説

メソ低気圧
メソていきあつ
meso low

水平スケールが約 200~800kmの小規模な低気圧梅雨前線上に発生する低気圧や,冬季に総観規模の低気圧の後面の寒気場内に発生する小低気圧(ポーラーロー)などがある。メソ低気圧に伴って積乱雲が次々に発生し,集中豪雨や短時間強雨,突風,降ひょう(),海上では高波三角波,冬季の地域的な豪雪など,激しい気象現象を引き起こすことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android