コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソ低気圧 メソていきあつ meso low

1件 の用語解説(メソ低気圧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソ低気圧
メソていきあつ
meso low

水平スケールが約 200~800kmの小規模低気圧梅雨前線上に発生する低気圧や,冬季に総観規模の低気圧の後面の寒気場内に発生する小低気圧(ポーラーロー)などがある。メソ低気圧に伴って積乱雲が次々に発生し,集中豪雨短時間強雨,雷,突風,降ひょう(雹),海上では高波,三角波,冬季の地域的な豪雪など,激しい気象現象を引き起こすことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メソ低気圧の関連キーワード総観気象学シリカスケール水平スキャンレートFスケール水平スケールスケールアウトEFスケールボイラースケールリクタースケール渦度方程式(大気運動)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone