コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタシアター メタシアターmetatheater

1件 の用語解説(メタシアターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタシアター
メタシアター
metatheater

「演劇についての演劇」の意で,アメリカ人批評家 L.エーベルが最初に提唱した用語。演劇が,それ自体をテーマとすることによって,一つの世界を形成している種類の演劇をいう。概して劇中劇の構造をもち,古くはシェークスピアの『あらし』 (1611) やスペインのカルデロン・デ・ラ・バルカによる『人生は夢』 (35) ,現代戯曲では,S.ベケットの『勝負の終り』 (1957) ,P.ワイスの『マラー/サド』 (64) などが代表的。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone