コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタルギライト metargillite

1件 の用語解説(メタルギライトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

メタルギライト

低度の変成作用を受けた泥質岩で,鉱物粒子が0.01mmから0.05mmの間にあるもので,鉱物の半分以上が絹雲母,緑泥石,緑簾石,緑色黒雲母などに変質している岩石をいう.劈開(へきかい)やその他の割れ目は欠如している[Daly : 1913, Flawn : 1953].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メタルギライトの関連キーワード造山変成作用後退変成作用複変成作用メタケミカル変成作用内因的変成作用準泥質岩タフォイド空晶石粘板岩メタペライトグラノフェルス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone