コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタルギライト metargillite

岩石学辞典の解説

メタルギライト

低度の変成作用を受けた泥質岩で,鉱物粒子が0.01mmから0.05mmの間にあるもので,鉱物の半分以上が絹雲母緑泥石緑簾石,緑色黒雲母などに変質している岩石をいう.劈開(へきかい)やその他の割れ目は欠如している[Daly : 1913, Flawn : 1953].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

メタルギライトの関連キーワード低度

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android