コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルヒスチジン

1件 の用語解説(メチルヒスチジンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

メチルヒスチジン

 C7H11N3O2(mw169.18).

 アミノ酸の一種で,ヒスチジンイミダゾール基の1の位置もしくは3の位置がメチル化されている.1-メチルヒスチジンはヒト,ラットウサギなどの筋肉中にあるジペプチドであるアンセリンにあり,3-メチルヒスチジンはクジラの筋肉などにあるジペプチドであるバレニンにあるほか,筋肉のアクチン,ミオシンなどの特定のヒスチジンがメチル化されて見いだされる.この筋肉タンパク質中の3-メチルヒスチジンはタンパク質が分解されたあと,タンパク質合成に再利用されないで尿へ排泄されることから,筋肉タンパク質の分解量の指標として利用されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メチルヒスチジンの関連キーワードカラットグラム分子ノルエピネフリン平成18年豪雪半歌仙居待18歳問題西山勉モーツァルト:ピアノ協奏曲 第18番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第18番 ヘ長調(アレグロとアンダンテ)/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone