コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルヒスチジン

1件 の用語解説(メチルヒスチジンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

メチルヒスチジン

 C7H11N3O2(mw169.18).

 アミノ酸の一種で,ヒスチジンイミダゾール基の1の位置もしくは3の位置がメチル化されている.1-メチルヒスチジンはヒト,ラットウサギなどの筋肉中にあるジペプチドであるアンセリンにあり,3-メチルヒスチジンはクジラの筋肉などにあるジペプチドであるバレニンにあるほか,筋肉のアクチン,ミオシンなどの特定のヒスチジンがメチル化されて見いだされる.この筋肉タンパク質中の3-メチルヒスチジンはタンパク質が分解されたあと,タンパク質合成に再利用されないで尿へ排泄されることから,筋肉タンパク質の分解量の指標として利用されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メチルヒスチジンの関連キーワードカラットグラム分子ノルエピネフリン平成18年豪雪半歌仙居待18歳問題西山勉モーツァルト:ピアノ協奏曲 第18番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第18番 ヘ長調(アレグロとアンダンテ)/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone