メッサピイ人(読み)メッサピイじん(英語表記)Messapii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メッサピイ人
メッサピイじん
Messapii

鉄器時代初期にイタリア南東端のカラブリアに移住した民族。イリュリア人と考えられ,イリュリア語に近いといわれるメッサピア語を使った。前6~1世紀の間にタレンツムのイオニア方言 (ギリシア文字) で書かれた 200以上の碑文が残存している。文明化したメッサピイ人はカラブリア人,サレチニ人と区別がつかなくなり,またアプリアのペウケチ人,ダウニ人もメッサピア語を使い,これらの民族はイアピュゲス人 Iapygesと総称される。前 473年メッサピイ人はアルタス王の治下でタレンツムを破り,アテネを支持してシラクサと敵対した。しかしピュロスとの戦争ではタレンツムを支持したため,ローマに征服され,その後ほとんど混血して跡を絶った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android