コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メテルス・ピウス Metellus Pius, Quintus Caecilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メテルス・ピウス
Metellus Pius, Quintus Caecilius

[生]?
[没]前64頃
古代ローマの軍人,政治家。カエキリウス氏のなかでも有力なプレプス (平民) の出身。メテルス・ヌミディクスの子。父の帰還に尽したので Pius (敬虔な) の名がある。 L.スラを支持してマリウス派と戦った。前 80年執政官 (→コンスル ) 。ヒスパニアで反乱を起した Q.セルトリウスと戦い,これを撃破。前 71年ローマに凱旋。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メテルス・ピウスの関連キーワードメテルス・ヌミディクスカエキリウスカルボ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android