コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すら スラ

デジタル大辞泉の解説

すら[副助]

[副助]名詞、活用語の連体形、副詞、助詞などに付く。
極端な事を例としてあげ、他を類推させる意を表す。さえ。でも。…でさえ。「子供ですら計算できる」「手紙すら満足に書けない」
「言(こと)問はぬ木―妹(いも)と兄(せ)とありといふをただ独り子にあるが苦しさ」〈・一〇〇七〉
「すら」を伴う語からは、ふつう、考えられない、またはあってはならないようなことが起こる意を表す。でも。…なのに。
「しなざかる越を治めに出でて来しますら我―世の中の常しなければうちなびき床に臥(こ)い伏し痛けくの日に異に増せば」〈・三九六九〉
[補説]「すら」は上代に多く用いられ、中古以降は主に歌や漢文訓読文に使われる程度にすぎず、「だに」さらには「さへ」にとって代わられた。中古の末ごろには「そら」という形も用いられている。なお、現代語では「さえ」と同じように使用されるが、「さえ」のほうが一般的で、「すら」の使用は少ない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すら

( 副助 )
体言およびそれに準ずる語、活用語の連体形、一部の格助詞(古くは接続助詞「て」にも)などに接続する。
極端な事柄を取り上げて強調し、それによって他をも類推させる。さえも。 「手紙-満足に書けない」 「親に-まだ話していない」 「専門家で-なかなか解答の出せない問題だ」
一つの事柄を取り上げて他を類推させる。その受ける語に対して、例外的・逆接的な関係にあることが多い。 「夢のみに見て-ここだ恋ふる我は現うつつに見てばましていかにあらむ/万葉集 2553」 「息の緒に我が息づきし妹-を人妻なりと聞けば悲しも/万葉集 3115」 〔が原義。古くは「だに」と似た意味であったが、仮定条件句中には用いられない。中古になると、漢文訓読文や和歌などには用いられたが、仮名文にはあまり用いられていない。中世以降は次第に「だに」に吸収され、さらに「さへ」に代わっていった。現代語にはごく限られた用法だけが残っており、否定表現と呼応して用いられることが多い〕 → さえだに

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

すらの関連キーワード鹿児島県霧島市横川町上ノ掻き立て汁・搔き立て汁恋の山には孔子の倒れ潮の八百会和膚・柔膚掻き立て汁横浜バンド立ち慣らすひすらし思ひ貶す月の障り走り書く活用語連体形げじく薄れ日山桜桃蓮の宿すらも薄ら氷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すらの関連情報