コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メディオラヌム Mediolanum(Mediolanium)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メディオラヌム
Mediolanum(Mediolanium)

古代イタリアの都市。現ミラノインスブレス人が前 396年頃建設。前 194年完全にローマ領となり,前 49年にはローマ市民権を獲得。帝政期にはその地位は自治都市 (ムニキピウム ) から植民市 (コロニア ) に代り,北イタリアの交通の要地として発展した。その後,次第に帝国西方の首都とされることが多くなり,皇帝の在所となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メディオラヌムの関連キーワードコンスタンチヌス1世(大帝)テオドシウス1世ユリアヌスシンマクスガリエヌスリキニウスケルト人アッチラゲタ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android