コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メデリン会議 メデリンかいぎConferencia de Medellín

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メデリン会議
メデリンかいぎ
Conferencia de Medellín

1960年代のラテンアメリカのカトリック教会勢力が急進化を示した会議。 1968年8月,コロンビアのメデリンでローマ教皇パウロ6世出席のもと,ラテンアメリカ司教会議 CELAM第2回総会が開かれた。同会議でラテンアメリカのカトリック教会は,暴力的手段を用いず,この地域での社会的不平等の是正や,軍部支配の強権的政治体制に向って積極的に行動すべきことを決議した。それまで保守主義だったカトリック教会内で,これを境に急進的聖職者が台頭し,一部は解放の神学構築へ向った。 79年メキシコのプエブラで開催された CELAM第3回総会ではこれら左派と巻返しをはかる右派の勢力がほぼ伯仲し,激しい論議がかわされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メデリン会議の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android