コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メモリー効果

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メモリー効果

蓄電池を使用しているうちに、使用できる容量が本来の容量よりも減少してしまう現象。蓄電池を使い切らないうちに充電すると、再充電した容量しか使えなくなってしまい、蓄電池が容量を記憶しているように見えることからこのように呼ばれる。蓄電池をきちんと使い切るようにすれば、解消できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メモリー‐こうか〔‐カウクワ〕【メモリー効果】

memory effectニッケルカドミウム電池ニッケル水素電池など、充電可能な二次電池の特性の一。完全放電させずに継ぎ足し充電をして使用した場合、残量が継ぎ足し充電時の容量にさしかかると、放電電圧が低下する現象。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メモリーこうか【メモリー効果】

充電用電池の特性の一。完全に放電しないうちに充電を行うと、充電直前の充電レベルを記憶してしまい、使用中にそのレベルに達すると電力供給を停止してしまう性質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

メモリー効果の関連キーワードリチウムイオン電池NiCdバッテリーNiMHバッテリー