メラネシア・スピアヘッド・グループ(英語表記)Melanesian Spearhead Group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メラネシア・スピアヘッド・グループ
Melanesian Spearhead Group

南太平洋諸国のなかでもパプアニューギニアソロモン諸島バヌアツ,フィジー,ニューカレドニアなどのメラネシア系民族国家・地域の政治指導者が組織している政治グループ。スピアヘッドは槍の穂の意である。メラネシア系民族の独立と連帯を目的としており,ニューカレドニアの独立問題を主要議題に定期会議を開催してきた。しかし,1990年にパプアニューギニアでブーゲンビル島分離独立運動が活発化したことにより,メラネシア諸国のなかで対立が生まれ,このグループの足並みが乱れるようになった。ブーゲンビル島の独立急進派が隣国ソロモン諸島に逃走し,隣国を拠点に独立運動を展開し続けたため,パプアニューギニア政府が軍隊を投入して急進派を掃討した際に,ソロモン諸島の主権を侵害して軍隊を越境させた。1992年には 3度の国境侵犯があり,これをきっかけに両国関係は悪化の一途をたどり,この年に予定されていたバヌアツでの年次大会は延期されるなど,構成国同士の対立が表面化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android