コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パプアニューギニア パプアニューギニアPapua New Guinea

翻訳|Papua New Guinea

4件 の用語解説(パプアニューギニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パプアニューギニア
パプアニューギニア
Papua New Guinea

正式名称 パプアニューギニア独立国 Independent State of Papua New Guinea。面積 46万2840km2。人口 618万8000(2011推計)。首都 ポートモレスビー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パプアニューギニア

オーストラリアの北にあるニューギニア島の東側。周辺の島々を合わせた総面積は日本の約1・2倍。1975年に独立、人口は約650万人。ニューギニア島は、アマゾンコンゴに次いで世界3番目の熱帯雨林地域。地球上の5%の生物種が生息、うち3分の2は島特有の固有種とされる。極楽鳥をはじめ鳥類だけでも固有種は約90種に上る。

(2010-05-09 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パプア‐ニューギニア(Papua New Guinea)

南太平洋西部の国。首都ポートモレスビーニューギニア島の東半部とビスマーク諸島などの島々からなり、森林に富む。ブーゲンビル島から銅を産出。コーヒーコプラ・木材なども産する。ドイツ領およびイギリス領からオーストラリア信託統治領を経て、1975年独立。英連邦の一員。人口606万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

パプアニューギニア【Papua New Guinea】

ニューギニア島の東半分とその周辺のビスマーク諸島・ブーゲンビル島などから成る国。熱帯多雨林におおわれ、銅・コーヒー・カカオ・コプラなどを産する。1975年オーストラリア自治領から独立。住民はパプア人とメラネシア人。主要言語は英語とネオ-メラネシア語・モニ語・エンガ語。首都ポートモレスビー。面積46万3千平方キロメートル。人口590万( 2005)。正称、パプアニューギニア独立国。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パプアニューギニアの関連情報