コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラネシア メラネシア Melanesia

翻訳|Melanesia

6件 の用語解説(メラネシアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メラネシア
メラネシア
Melanesia

南西太平洋オーストラリアの北東方に連なる島々の総称。パプアニューギニアフィジーソロモン諸島バヌアツ(以上独立国),ニューカレドニアフランス海外領),インドネシアイリアンジャヤ州ニューギニア島西半部)に分かれるが,今日の政治地理学的観点からは,イリアンジャヤ州を除くことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メラネシア(Melanesia)

太平洋南西部、赤道の南、東経180度の西の区域の島々。ソロモンニューカレドニアフィジーなどの諸島があり、住民はパプア族とメラネシア族が多い。独立国はナウルフィジーパプアニューギニアソロモン諸島ツバルキリバスバヌアツなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メラネシア

オセアニア南西部の赤道以南,経線180°以西の地域。名は〈黒い島々〉の意で,住民であるメラネシア人の肌の色に由来する。大火山に富む陸島からなるが,周囲を大部分はサンゴ礁がとりまく。
→関連項目メラネシア諸語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メラネシア【Melanesia】

南太平洋の島々のうち,ほぼ180度の経線以西の島々の総称。ギリシア語で〈黒い島々〉の意。太平洋の島嶼群での地理的区分だけでなく,人々の皮膚の色により区別された民族領域でもある。西端のニューギニアにはじまってソロモン諸島ニューヘブリデス諸島フィジー諸島,ニューカレドニア島と南東の方向に散在する島々である。フィジー諸島は地理的にも文化的にもメラネシアとポリネシアの接点である。陸地総面積は約95万9000km2で,そのうちニューギニア島が約77万1900km2,残りの大部分は25の大きな島々が占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メラネシア【Melanesia】

太平洋にある島々の三大区分の一。南西太平洋の、日付変更線以西、赤道以南の区域にある島々の総称。ニューギニア島・ビスマーク諸島・ソロモン諸島・フィジー諸島・ニューカレドニア島などを含む。住民は黒色系人種のメラネシア人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メラネシア
めらねしあ
Melanesia

太平洋南西部、ほぼ180度経線によって東のポリネシアと分かたれ、赤道によって北のミクロネシアとくぎられる島々。オーストラリアの北東部、パプア・ニューギニアビスマーク諸島からソロモン諸島、ニュー・ヘブリデス諸島(バヌアツ)、ニュー・カレドニア島、フィジー諸島など、52万5475平方キロメートルの陸地面積を有し、そこに200余の言語グループがあるといわれる。メラネシアという語は「黒い島々」という意味で、住民の黒褐色の皮膚に由来するとされるが、1832年フランスの航海者ダルビルがこの語を最初に使った。現在ではポリネシア、ミクロネシアという語とともに太平洋の島々を三分する地域名称として用いられている。なお、パプア・ニューギニアが準大陸ともいうべき大きな陸地であるので、最近ではこれとその属島にあたるビスマーク諸島、トレス海峡諸島をメラネシアから省いてパプア・ニューギニアという一つの地域として考えることが多い。
 環太平洋造山帯の西縁にあたり、火山島が多く、かなりの高度を有する山地が熱帯雨林に覆われて開発が困難な部分が多いが、一方では各種の鉱物資源に恵まれている。山麓(さんろく)部や平野部は植民地時代にヨーロッパの宗主国がプランテーションを開いてココナッツ、バナナ、コーヒー、カカオなどが栽培され、コプラをはじめとするこれら商品作物が主要生産物となっているが、先住民社会ではタロイモ、ヤムイモなどの根菜類とサゴヤシとが食用植物として利用されている。イギリス、フランスなどによる領有時代から、激戦場となった第二次世界大戦の時代を経て、1970年代から独立の時代に入り、1970年フィジー、1975年パプア・ニューギニア、1978年ソロモン諸島、1980年バヌアツが相次いで独立した。[大島襄二]

住民・文化

人種的にみると、大きく(1)ピグミー、(2)パプア人、(3)狭義のメラネシア人に三区分される。普通、ピグミーといえば、東南アジアのネグリトのように平均身長150センチメートル未満の狩猟・採集民をさす。しかしニューギニア中央高地のピグミーはこれと異なる形質を多くもち、さらにタピロ、ラム、ペセチェムなどのピグミーは焼畑農耕民である。また周辺のパプア人に比べて低身長であるが、その差は連続的である。ニューギニア中央高地以外に、ニュー・ブリテン島、ブーゲンビル島、マレクラ島などにも低身長の集団が居住している。こうしたピグミーの由来については、オセアニアにおける最初の移住者であったが、のちにパプア人、メラネシア人の進出で奥地へ追いやられたとする説と、熱帯の低栄養条件に適応して低身長になったとする説とがある。パプア人と狭義のメラネシア人との形質的差異はそれほど明確ではない。パプア人は、ピグミーの居住地を除くニューギニア島の大半の地域に居住している。皮膚は暗褐色から黒色で、長頭、渦状毛、鉤鼻(かぎばな)、突出した顎(あご)などの特徴をもつ。メラネシア人は、おもにニューギニア島の北岸とメラネシア地域の島々、とくに海岸部に居住し、中頭、波状毛、広鼻で、突顎(とつがく)はほとんど認められない。
 パプア人の言語はほとんど非オーストロネシア語(パプア語)で、メラネシア人の言語はオーストロネシア語である。ただし、パプア人でオーストロネシア語を、メラネシア人でパプア語を話す場合もある。このように、メラネシアの人種、民族、言語は非常に錯綜(さくそう)している。しかし少なくとも、パプア語族はオーストロネシア語族より文化的に古い時代に属すると考えてよい。メラネシアへの移住は、ソロモン諸島の遺跡から読み取って紀元前2万年前にさかのぼる。狭義のメラネシア人の由来を知るうえでは、メラネシアから西部ポリネシアにかけ紀元前1700年ころ~紀元数百年まで存在したラピタ式とよばれる土器文化の編年が重要である。
 メラネシアでは、掘棒による焼畑農耕が行われてきた。タロイモ、ヤムイモ、バナナなどの根栽作物が栽培される。低湿地ではサゴヤシデンプンの採集が、ニューギニア高地ではサツマイモ栽培が重要である。家畜としては、ブタ、ニワトリ、イヌがある。ブタは食用とともに儀礼の供物や財産として飼育される。沿岸や島嶼(とうしょ)部では漁労が、内陸や山岳部では弓矢による狩猟が重要である。嗜好(しこう)としてのビンロウジ噛(か)みが広く分布する。
 メラネシアでは、数百人規模の村落社会が卓越し、社会の階層化は未発達である。ビッグ・マンとよばれる村の首長(しゅちょう)は世襲制でなく社会的名声により選ばれる。メラネシアでは、マナとよばれる超自然力に対する信仰が顕著であり、かつての首狩りや食人風習も相手のマナ獲得が目的であった。年齢階梯(かいてい)制、成人式も一般的で、さまざまな儀礼は秘密結社や男子集会所で行われる。
 ニューギニア島では、仮面・神像芸術の発達が著しい。祖先霊崇拝も広く分布し、頭蓋(とうがい)保存の習慣もある。物々交換、儀礼的贈答、貝製・イルカの歯製・羽毛製の貨幣などによる交易活動が盛んで、とくにニューギニア島のマッシム地域のクラ交易は有名である。西欧文明との接触により、富の獲得と白人支配終焉(しゅうえん)を願う千年王国運動が多発した。ソロモン諸島のマアシナ・ルール運動、バヌアツのジョン・フルム運動は著名。メラネシア地域の多くは1970~1980年代に独立を達成し、新興国家として近代化の道を歩み始めた。[秋道智彌]
『畑中幸子著『われらチンブー ニューギニア高地人の生命力』(1974・三笠書房) ▽石川栄吉著『南太平洋――民族学的研究』(1979・角川書店) ▽ピーター・ベルウッド著、植木武・服部研二訳『太平洋――東南アジア・オセアニアの人類史』(1981・法政大学出版局) ▽ロジャー・M・キージング著、青柳まちこ監訳『マライタのエロタ老人――ソロモン諸島でのフィールド・ノート』(1985・ホルト・サウンダース・ジャパン) ▽大塚柳太郎・片山一道・印東道子編『オセアニア(1) 島嶼に生きる』、須藤健一・秋道智彌・崎山理編『オセアニア(2) 伝統に生きる』、清水昭俊・吉岡政徳編『オセアニア(3) 近代に生きる』(1993・東京大学出版会) ▽秋道智彌・関根久雄・田井竜一編『ソロモン諸島の生活誌――文化・歴史・社会』(1996・明石書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメラネシアの言及

【オセアニア】より

…残りの数千を数える島々の総面積はわずか18万km2にすぎない。 大陸を除いたオセアニアの島々の世界は,通常地理学的および人類学的観点からメラネシアポリネシアミクロネシアの3地域に区分される。メラネシア(ギリシア語で〈黒い島々〉の意。…

※「メラネシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メラネシアの関連キーワードIDL七つの海ポリネシア南太平洋委員会南太平洋フォーラム南太平洋パシフィック蜜吸《南太平洋》南太平洋大学

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メラネシアの関連情報