コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラピ[山] メラピ

百科事典マイペディアの解説

メラピ[山]【メラピ】

インドネシア,ジャワ島中部の活火山成層火山で,標高2911m。ジャワで最も活動的な火山の一つ。20世紀になってからも爆発によりしばしば死傷者を出している。その南麓にはジャワの古代文化の中心ジョクジャカルタの平原が開け,ボロブドゥールなど多くの遺跡に富む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メラピ[山]【Gunung Merapi】

インドネシア,中部ジャワ,ジョクジャカルタ州のケドゥ県とスラカルタ県の県境にある山。標高2911m。山名(〈火を吹く〉の意)の通り,コニーデ型の活火山で,四方に広い裾野をひろげて屹立している。たびたび爆発をおこし,とくに1930年と54年の爆発の際は西方のケドゥ県に大きな被害を与えた。現在なお,西側の山麓に溶岩を流し続けているが,〈聖なる山〉として地元民の信仰の対象にもなっている。火山の南方と東方にはジョクジャカルタとスラカルタの平原がひろがり,そこへの水の供給源を形成して肥沃な水田地帯を支えているほか,南麓のカリウランは避暑地として知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

メラピ[山]の関連キーワードインドネシア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android