コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリムデ遺跡 メリムデいせきMerimde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メリムデ遺跡
メリムデいせき
Merimde

ナイル川のデルタの西縁,カイロから約 50kmのところにあるエジプト新石器時代の遺跡住居址および墓が発見されている。住居は簡単な造りで,楕円形または馬蹄形をしている。磨製石斧打製石鏃石剣などとともに土器,獣骨も発見された。獣骨はカバのものが多く,穀物,魚のほかにカバを捕食していたことがわかる。下エジプトの新石器時代の遺跡として最も重要なものの一つで,1928~39年にオーストリアの H.ユンカーが発掘した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メリムデ遺跡の関連キーワードナイル川土葬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android