コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石剣 せっけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石剣
せっけん

石を細長く加工して身の側縁に刃をつけ,その一端に取手の部分を備えた形態のものをさす。打製のものと磨製のものがある。日本では縄文時代弥生時代にあり,縄文時代の石剣は磨製で,身の両側に鈍い刃をつけ,一端が塊状をなし,文様が刻まれている場合がある。石棒の一変形といわれている。まれに打製の石剣も出土する。弥生時代の磨製石剣は,朝鮮半島南部のものと同様な形態をもつものと,日本特有の形態のものがあるが,いずれも金属製品を模倣したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せっ‐けん〔セキ‐〕【石剣】

剣形の磨製石器。日本では、縄文時代終わりころの東日本にみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せっけん【石剣】

形態が刀剣類に類似した縄文時代後期・晩期の磨製石器と,東アジアにみられる金属製の剣を模倣した〈磨製石剣〉とに分かれる。(1)縄文時代の石剣は広義の石棒に属し,その区別はあいまいである。長さ20~40cm,断面紡錘形をなす扁平な棒状石器で,先端がとがる。同様の平面形で断面が楔形を呈し,一側縁にだけ刃がつくものは石刀として区別する。石剣には一端に瘤状の頭部がつくものが多く,とくに瘤状頭部に土器と同じ文様を彫刻したものが晩期の東日本で盛行する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せっけん【石剣】

縄文後期・晩期の、棒状の磨製石器。
弥生時代に銅剣を模してつくられた石製の剣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石剣
せっけん

縄文時代後期から晩期の磨製石器の一つ。石棒に似て棒状を呈し、断面が楕円(だえん)形で一端に瘤(こぶ)状の頭部がつき、先端がとがっているものが一般的である。瘤状の頭部にはS字状入組(いりくみ)文、渦巻(うずまき)文、綾杉(あやすぎ)文、工字文などの文様が施されるものもある。東日本一帯に分布し、全国的に点在する。とくに北海道南西部から東北地方北部にかけて濃い分布を示し、頭部に文様の施されるのもこの地域のものに多い。しかし、名称からただちに機能を類推することはできない。日常の生産活動などに直接関係するものではなく、非実用的な道具として使用されたと考えられる。緑泥片岩(りょくでいへんがん)、粘板岩(ねんばんがん)製のものが多い。[冨樫泰時]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石剣の言及

【石剣】より

…形態が刀剣類に類似した縄文時代後期・晩期の磨製石器と,東アジアにみられる金属製の剣を模倣した〈磨製石剣〉とに分かれる。(1)縄文時代の石剣は広義の石棒に属し,その区別はあいまいである。…

※「石剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石剣の関連キーワード函石浜遺物包含地綾織新田遺跡松菊里石棺墓メリムデ遺跡唐古鐘形杯文化函石浜遺跡御経塚遺跡寺野東遺跡田和山遺跡下之郷遺跡吉武遺跡群下布田遺跡丹原[町]水神平遺跡上高津貝塚羊頭窪遺跡原の辻遺跡真福寺貝塚抉入石斧

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石剣の関連情報