コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルカトルの世界図 メルカトルのせかいずMercator's chart of the world

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルカトルの世界図
メルカトルのせかいず
Mercator's chart of the world

1569年に G.メルカトルが発表した世界全図。航海用に最適の新世界全図と記されているように,当時懸賞問題となっていた,任意の2地点を結ぶ航程線が直線に表わされる海図としてつくられた。その後,一般の世界図もメルカトル図法で描かれるようになった。当時の刊行図は,18図葉から成る 1.32m× 1.98mの大型で,現在,パリのフランス国立図書館に保存されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メルカトルの世界図の関連キーワード正距方位図法

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android