コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルメ・ド・カション Emanuel‐Eugène Mermet (de) Cachon

1件 の用語解説(メルメ・ド・カションの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メルメ・ド・カション【Emanuel‐Eugène Mermet (de) Cachon】

1828‐70?
フランス人宣教師。本名はメルメ・カションであるが,日本では姓にdeを入れメルメ・ド・カションと称し,また和春と署名した。ジュラ山中の寒村に生まれ,1852年パリ外国宣教会に入った。54年日本に向かい,沖縄の那覇で日本語を習得,58年(安政5)全権公使グロ男爵の通訳として来日したが,日仏通商条約締結後,初代フランス公使ベルクールと意見が合わず辞職した。翌59年香港から上海,長崎を経由して箱館へ渡り,称名寺内に司祭館を設け塾を開いてフランス語を教えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のメルメ・ド・カションの言及

【フランス】より

…1844年那覇に入港したフランスの軍艦アルクメーヌ号で渡来したパリ宣教師会師フォルカードは,1年滞在し日本語を学習した。クリミア戦争(1853‐56)はロシアの勢力がアジアで強くなることをイギリス,フランスに懸念させ,フランスはパリ宣教師会師メルメ・ド・カション,プティジャン,ジラールを那覇に送って日本語を習得させた。55年フランスは琉球と和親条約を結び,ナポレオン3世は日本にグロ男爵を送って58年日仏修好通商条約の締結にこぎつけ,59年にデュシェーヌ・ド・ベルクールを初代総領事として江戸に派遣した。…

※「メルメ・ド・カション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メルメ・ド・カションの関連キーワード大浦天主堂ジラール宣教師フランス領ギアナフレンチペリ懺悔録アドネクールテ脇隆景

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone